ブラジル料理教室

 ブラジルの小波津ファッチマさんを講師に招いて「ブラジル料理教室」を開催しました。今回は、数あるブラジル料理の中から家庭料理として有名な①トルタ デ アトゥン(ツナタルト)、②ボロ デ セノウラ(ニンジンケーキ)、③サウピコン(チキンサラダ)の3品の料理法を教えて頂きました。ブラジルを代表する清涼飲料水‘ガラナ’、ブラジルコーヒーとともに、手作りのおいしい料理を味わいながら交流を深めました。 参加者は、29名(内、外国人は3名)。皆さんからは、大変おいしくて、調理法も簡単で、パーティにも映える料理なので、是非家庭で作ってみたい、との感想が聞かれました。

 日本語を勉強しているファッチマさんに試食の際に各班を回ってもらい、参加者との直接の意見交流・質疑応答が可能となりました。日本語の勉強が役立ったようです。参加されていた別のブラジル人からサンバのステップを全員で学ぶ一幕もあり、和やかな雰囲気でした。

 会場には、県から借りたブラジルの国旗、蝶の標本、からくり人形などの他、ファッチマさんが持ってきてくださった写真パネル、サッカーのユニフォーム等、ブラジル文化を理解するための様々な資料が

飾られ、ブラジル色いっぱいでした。

 料理を通じて、お互いの文化を知り、距離を縮める一助になれば幸いです。